総量規制対象外となる借り入れには何がある?

 

総量規制とは、個人の借り入れ総額が年収の3分の1以下になるように制限をする仕組みです。

 

例えば、年収600万円の人は200万円が限界ということです。注意しなければならないのは、貸金業者からの借り入れ合計が3分の1までということで、A社から200万円、B社から100万円ということはできません。この場合はA社とB社合わせて200万円までしか借りられません。

 

お金が必要だからといって返済能力をはるかに超える借り入れをしてしまうと、利息が膨らんで返せなくなる可能性があります。その借金を返済するために新たな業者からお金を借りる、その業者への返済のためにまた別の業者から借りる、こうしてあっという間に多重債務者になってしまうのです。多重債務者の中には希望を失って自ら命を絶つ人もいます。

 

こういった事態を抑止するために、総量規制は一定の役割を果たしていると言えます。

 

しかし、総量規制の対象となる借り入れは「個人的な借り入れ」のみで、実は総量規制対象外の借り入れの方が多いのです。法人がお金を借りる時は総量規制は適用されません。

 

総量規制の対象になるのは以下の業者から借りる時です。

 

・消費者金融
・信販会社
・クレジット会社

 

それでは、次に総量規制対象外となる借り入れです。除外となる貸付けは、「借り入れできる3分の1」には入りません。つまり、この他に貸金業者から借り入れができるということです。次のようなものが除外貸付けです。

 

・住宅ローン
・自動車ローン
・有価証券や不動産を担保とする貸付け
・高額療養費のための貸付け

 

例えば、莫大な金額となる住宅ローンが組めるのは、総量規制対象外となっているおかげです。もし仮に住宅ローンが総量規制の対象であれば、年収600万円の人は200万円までしかローンを組めなくなってしまいます。これで家を建てるのは現実的ではなく、したがって総量規制の対象にするのは不適切ゆえ除外されているのです。

 

また、総量規制の対象になるのは「貸金業者からの借り入れ」です。ここで、銀行や信用金庫は貸金業者ではありません。貸金業者というのは、内閣総理大臣または都道府県知事の登録を受けて、消費者や事業者に金銭を貸し付ける事業(貸金業)を営む者のことを指します。したがって、銀行などからの融資は「借り入れできる3分の1」には入りません。

 

最後に一番紛らわしい「例外貸付け」です。例外貸付けは「借り入れできる3分の1」に入りますが、返済能力によっては年収の3分の1を超える借り入れができます。では、例外貸付けは何でしょうか。

 

その一つにおまとめローンがあります。

 

おまとめローンは、複数の業者からの借金を借り換えによって一本化する方法です。例えば、X社とY社からそれぞれ100万円ずつ借りていたと仮定します。まずは二社よりも低金利のZ社から200万円を借りてX社とY社に返済します。そして、200万円をZ社に返していくことになるのです。

 

ではなぜ、おまとめローンが例外となるかというと、金利が低くなる「顧客に一方的に有利となる借り換え」だからです。

 

他にも緊急に必要な医療費や個人事業主に対する貸付けも例外です。

 

このように債務者ができるだけ不利にならないように制度が整えられていますが、総量規制の有無にかかわらず、計画性のない借り入れは身を滅ぼすことに繋がりかねません。自分の返済能力を超えるような借り入れをしないことが重要です。

 

消費者金融と総量規制の関係

お金を借りようと考えている人が持っておくべき知識の一つが”総量規制”です。
総量規制とは「貸金業者からお金を借りる場合、利用者の年収の3分の1までと定めらる」法律のことです。

 

つまり、年収が600万円の人は200万円までで制限されるということです。
消費者金融とキャッシング利用者の増加に伴い、2010年6月に施工されました。

 

一見、利用者にとって制限があり不便に感じますが、誤った自己判断による借り過ぎから起こる生活の破たんを防ぐための目的でもあるので、救済の砦ともいえる法律なのです。

 

この総量規制の対象となるのはあくまで貸金業者のみであって、すべての金融機関に適用されるわけではありません。

 

貸金業者とは主に次の3つです。
消費者金融、クレジット会社、信販会社です。信販会社とはクレジットカードを発行している会社のことで、クレジットカード以外の信販販売も行っているので厳密にはクレジット会社とは区別されます。

 

また、銀行は貸金業者ではありませんので、総量規制の適用はありません。
つまり、銀行からの借入と消費者金融からの借入額合計が年収の3分の1を超えたとしても、すぐさま総量規制の対象とはならないのです。

 

総量規制は法律に基づいた決まりですので、消費者金融の利用を考えている方は特に、年収の3分の1という数字を参考にしながら返済計画を立てるようにしましょう。

 

総量規制対象外のイチオシ銀行カードローン

関連ページ

消費者金融からお金を借りると必ず総量規制の対象になるのか?
学生でも銀行カードローンを利用することは可能なのか
銀行カードローンは希望融資額によって収入証明書不要!?
専業主婦でも申込みが可能な総量規制対象外の楽天銀行カードローン
総量規制対象外の銀行カードローンなら、どうしてもそれでは足りない場面でも借入が可能です。おすすめの銀行カードローンと即日可能?審査は?など気になる疑問も全て解決します!
審査に通れば金利負担が減らせる可能性大、総量規制対象外のカードローン
収入面に不安や他社の借り入れがある方も申込み可能な総量規制対象外の銀行系ローン
銀行系カードローンは総量規制対象外だけれども…保証会社に注意する必要がある。
消費者金融のカードローンをおまとめローンとして利用。 総量規制は大丈夫?
総量規制対象外のカードローンはそのぶん審査が大変?
総量規制対象外のカードローンは年収の3分の1以上借りることができるという反面、審査に関しては厳しいと思われがちです。実際どうなのかを解説します。
クレジットカードのショッピング枠は総量規制対象外!でも、キャッシング枠は…
クレジットカードも貸金業法に入ってきます。ショッピング枠は総量規制対象外で年収の3分の1以上買い物できますが、キャッシング枠に関してはそうは行かないのです。
総量規制対象外が適応されるものとは?借り入れの理由によります。
総量規制とは年収の3分の1以上は借りられないという法律です。でも実は、銀行カードローンなら総量規制対象外だからそんな制限関係なし。しかも消費者金融と違って主婦でも審査を受ける資格あり。ここで紹介しているカードローンならあなたもキャッシングできる!
お金借りるにあたって銀行は総量規制対象外、消費者金融は対象は本当?
総量規制とは年収の3分の1以上は借りられないという法律です。でも実は、銀行カードローンなら総量規制対象外だからそんな制限関係なし。しかも消費者金融と違って主婦でも審査を受ける資格あり。ここで紹介しているカードローンならあなたもキャッシングできる!
「ろうきん」のカードローンは、総量規制対象外?ろうきんカードローンの特徴とは?
ろうきんでも個人向けカードローンがあることをご存知でしょうか?銀行と同じく総量規制対象外のろうきんローンの特徴について解説します。
銀行系カードローンは総量規制対象外?総量規制の対象になる物ならない物
総量規制という制度のために年収の3分の一以上の借金ができなくなりました。しかし、銀行であれば総量規制対象外で借りることができます。
じぶん銀行のカードローンは総量規制対象外!気になった際は金融庁HPで調べよう!
総量規制とは年収の3分の1以上は借りられないという法律です。でも実は、銀行カードローンなら総量規制対象外だからそんな制限関係なし。しかも消費者金融と違って主婦でも審査を受ける資格あり。ここで紹介しているカードローンならあなたもキャッシングできる!
キャッシングの総量規制について3つの重要事項
『お金借りる』とインターネット検索をした場合、総量規制対象外が勧められる理由は?
キャッシングや消費者金融カードローンの使い過ぎ防止のために総量規制が制定された!
金融機関からの教育ローンは総量規制対象外なので融資可能です
総量規制とは年収の3分の1以上は借りられないという法律です。でも実は、銀行カードローンなら総量規制対象外だからそんな制限関係なし。しかも消費者金融と違って主婦でも審査を受ける資格あり。ここで紹介しているカードローンならあなたもキャッシングできる!